鼻の黒ずみ 洗顔

1.適切な洗顔が鼻の黒ずみを除去する

鼻の黒ずみを除去する方法として、毛穴パックやピーリング、毛穴洗浄エステや皮膚科での治療など、色々な治療法があります。
様々な治療法がありますが、最も基本であり効果を発揮するのは適切な洗顔です。
これなくして黒ずみの除去はないといってもいいくらいです。
皮膚科などで黒ずみを綺麗に取り除けたとしても、毎日している洗顔が間違っていれば、また気になる鼻の黒ずみを作ってしまう原因ともなります
このようなことがないためにも、しっかりと正しい洗顔方法を身につけることが大切です。
適切な洗顔法を身につけて、鼻の黒ずみを除去したり、新たな毛穴詰まり起こさないようなケアをしていきましょう。

 

鼻の黒ずみ ケア 洗顔

 

1-1.洗顔のしすぎは禁物!

まず洗顔で気をつけなければいけないのが洗いすぎです。
毛穴ケアを考えている人の多くが、黒ずみの原因は汚れにあると考えていて、どうしても毎日の洗顔で洗いすぎてしまうという人がいます。
汚れが原因なら、しっかりと洗顔をすれば解決できると考えられるのですが、鼻の黒ずみはその洗いすぎによって症状を悪化させる原因ともなります
どうして洗いすぎると黒ずみを悪化させる原因になるのかというと、黒ずみの原因は汚れだけでなく角栓が酸化することにより黒ずみを作っているからです。
角栓は肌サイクルが乱れることで作られます。
そのため、過剰な洗顔によって肌サイクルが乱れてしまうことで角栓ができ、その角栓の頭の部分が酸化することによって黒ずみとなってしまうのです。

 

1-2.正しい洗顔の回数とは

適切な洗顔が重要なことがわかっても、適切な洗顔ってなに?と思う人もいるでしょう。
その適切な洗顔で重要になるのが回数です。
汚れが原因と思っていた人は、汚れが付着してもすぐに洗顔をすれば解決できると思ってしまい、一日に何度も洗顔をしがちです。
しかし、洗顔は肌にとっては大きな負担となります。
適切な頻度としては1日に2回までです。
それ以上洗顔してしまうと肌サイクルを乱す原因ともなることから、これ以上の洗顔はおすすめできません。
黒ずみが気になると、どうしても洗顔の回数が増えてしまいますが、その洗顔によって黒ずみができる可能性があるため、洗顔のしすぎには注意しましょう。

2.鼻の黒ずみを除去する洗顔方法

この黒ずみの原因は肌サイクルが大きく関係しています。
どうして肌サイクルがそんなに重要なのかと思う人もいるかもしれませんが、肌にはもともと毛穴の中に汚れが入ったとしても排出する機能があります。
そのため、毛穴の中に汚れが入っても、角栓ができてしまっても特に問題はありません。
ではどうして黒ずみができてしまうのでしょうか。
それは、本来の肌機能が働いていないからです。
過剰な洗顔やスキンケアによって肌に大きな負担がかかると、肌機能が低下してしまいます。
鼻の黒ずみを除去する洗顔方法とは、肌に負担をかけず、肌機能を正常に保ったり、正常に戻してくれる洗顔方法のことです。

 

2-1.朝は水洗顔が効果的?

基本的な洗顔回数としては朝と夜、1日2回の洗顔です。
しかし、朝の洗顔って本当に必要なのと思う人もいるのでは。
夜にしっかりと洗顔をしておけば、寝ているだけではそんなに肌は汚れていないと思う人も多くいます。
しかし、寝ている時には多くの汗をかきますし、寝具によって肌が汚れることもあるのです。
そのため、朝も洗顔する必要があります。
この朝の洗顔は水洗いだけでも効果はあります。
とくに敏感肌に悩んでいる人なら、洗顔料を使うことで肌に負担もかけることから、水洗顔がおすすめです。
朝もしっかりと洗顔をして、鼻の黒ずみケアをしていきましょう。

 

2-2.洗顔後のアフターケア

洗顔では洗いすぎや回数が重要でした。
適切な洗顔をすることは肌サイクルを整えるためにはとても重要なのですが、この洗顔後のアフターケアも重要なポイントです。
どんなに適切な洗顔をしていてもアフターケアが不十分ではその効果も得られません。
洗顔後の肌は汚れは落ちているのですが、汚れ以外にも必要な皮脂なども落ちてしまい、バリア機能が低下している状態です。
この無防備の肌で放置することは肌のターンオーバーを乱す原因ともなります。
この状態を正常な状態に戻してくれるのが洗顔後のアフターケアです。
保湿効果の高い化粧水や美容液を使って肌をしっかりと守ってあげましょう。

3.洗顔で鼻の黒ずみを除去する為に重要な洗顔料選び

適切な洗顔とアフターケアをすることで、肌は徐々に正常な機能を取り戻してくれます。
しかし、もう一つ注意が必要なことがあります。
それが、洗顔の時に使う洗顔料です。
皮脂の分泌量が多いという人は洗浄力の強い洗顔料を使っているという人も多いのではないでしょうか。
洗浄力が弱い洗顔料では、皮脂分泌量が多い人の場合、洗顔をしたという感じがしないという人もいます。
洗浄力の強い洗顔料で顔を洗えばすっきりとするのですが、その洗顔料の強さが肌機能の低下を招いてしまいます。
また、洗顔料の成分によっては肌に合わないこともあり、適度な洗浄力と自分の肌に合った洗顔料を選ぶことが大切です。

 

3-1.洗顔料選びのポイント

洗顔料選びで最も重要なポイントが自分の肌に合っているということ。
この点さえクリアしていれば、どの洗顔料を使ったとしても大きな問題もなく効果的なケアができます。
さらに、もう一つ上げるとすれば泡立ちです。
洗顔をするときにはしっかりと泡立てることが、洗顔時の摩擦を減らし、肌への負担も減らすことができるため、洗顔時の重要なコツとなります。
泡立ちの良い洗顔料なら手軽に肌への負担が少ない洗顔をすることができます。
洗浄力が強すぎず、しかも弱すぎない洗顔料を選び、自分に合った洗顔料なら効果的なケアをすることができます。
試供品や返金保証のある商品などを上手く活用しながら、自分に合った洗顔料を探してみましょう。

 

3-2.黒ずみケアに大人気のおすすめ洗顔料!

黒ずみケアに使える洗顔料は色々ありますが、その中でもおすすめなのが「どろあわわ」です。
泡立ちもよく、マリンシルトと呼ばれる泥の力によって優しく毛穴の黒ずみをケアすることができます。
マリンシルトはとても粒子の細かい泥です。
この細かい泥によって毛穴の中にも入り込み、汚れや角栓ケアをすることができます。
また、このマリンシルトには汚れを吸着するという特徴があります。
粒子が細かいことと、この吸着性により鼻の毛穴対策には最適です。
この「どろあわわ」はとても泡立ちがよく、弾力性のある泡も特徴で、この泡で洗顔をすることにより、肌への負担を軽減させながら洗顔をすることができます。

 

3-3.おすすめ洗顔料を使って黒ずみを改善した口コミ

「どろあわわ」の口コミでは、イチゴ鼻から卒業したことがなく、最近になって頬にまで黒ずみが出てきたことから、この洗顔料を利用し始めたという人の声を見ることができました。
「どろあわわ」を使い始めると、頬の黒ずみは解消され、鼻の黒ずみは完全には解消されてはいませんが、遠目で見れば気にならないほどに改善したとのことです。
このように、「どろあわわ」によって黒ずみが解消されたという声があります。
この「どろあわわ」に配合されている、吸着性の高いマリンシルト、弾力性のある泡、豆乳発酵液やコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分により、効果的な黒ずみケアができる商品です。

ビオルガクレンジング

鼻の毛穴汚れ・黒ずみ・角栓のケアにはビオルガクレンジング!
鼻の毛穴汚れや黒ずみケアは、まず洗顔から。
洗顔フォーム「ビオルガクレンジング」は毛穴の汚れを落とすだけでなく、配合されている和漢・美容成分の力で肌にハリを与えるエイジング効果も期待できます!
無添加洗顔フォームだから、肌に優しく、安心してお使いいただけます。
通常3,990円のところ、今なら初回限定で62%OFFの1500円(税抜)で購入できます!

ビオルガクレンジング公式サイト