鼻の黒ずみ オロナイン

1.鼻の黒ずみを除去できることで話題のオロナイン

鼻の黒ずみを気にしている人は多くいますが、そんな人の中で人気となっているのがオロナインです。
オロナイン軟膏はニキビや傷薬、水虫にも効果があり、万能薬として知られています。
そのオロナインを使うことで鼻の黒ずみを除去できると話題となっています。
毛穴汚れを取り除くために毛穴パックをしているという人も多いのではないでしょうか。
このオロナインを使うことにより、普段している毛穴用パックをより効果的なものにしてくれます。
普段の毛穴パックではうまく角栓などが取り除けないという人は、一度このオロナインの効果を試してみてはいかがでしょうか。

 

1-1.黒ずみをケアできるオロナインに含まれている成分とは

オロナインには自己乳化型ステアリン酸グリセリルやラウロマクロゴールが配合されています。
これらの成分は皮脂汚れを取り除いてくれる成分で、皮脂汚れによって黒ずみができているという人には、オロナインは有効であると考えられます。
黒ずみは色素沈着によっても起こりますが、残念ながらオロナインには色素沈着に有効な成分は配合されていないようです。
皮脂汚れなら確かな効果が期待できます。
オロナインの成分は油分も多いことから、皮脂が含まれている角栓を柔らかくすると考えられ、角栓ができてしまって悩んでいる人にはオロナインは効果的な商品です。

 

1-2.オロナインは塗るだけではなくパックが効果的

オロナインはただ塗るだけでも、皮脂汚れを落としてくれる有効成分によって効果が期待できます。
ただ、このオロナインが話題となっているのはオロナインパックです。
黒ずみを気にしている人は、毛穴ケアや角栓ケアをするために、毛穴用パックを普段からよく利用しているという人は多くいます。
通常の使い方では気になっている部分の角栓が取り除けなかったということもありますが、オロナインパックはこの毛穴パックの効果を高めてくれることで話題となっています。
オロナインを使用したことで、嘘みたいに角栓が取り除けたといった声を多く見ることができ、確かな効果が得られるケア方法です。

2.オロナインパックで鼻の黒ずみを取る手順

オロナインと毛穴用パックを使ったやり方としては、まずオロナインを鼻に塗ります。
オロナインを塗ることで皮膚や角栓が柔らかくなって気になっている角栓を取り除きやすくすることができます。
その後に、オロナインをしっかりと洗い流します。
この時にオロナインが少しでも残っていると、毛穴用パックシートが貼りにくくなります。
しっかりとオロナインを洗い流したら、毛穴パックシートを普段通り使用します。
普段している毛穴用パックシートを使う前にオロナインを使うだけの簡単な方法なのですが、この方法で驚くほど角栓を取り除くことができます。

 

2-1.蒸しタオルやお風呂で毛穴を開いてからが効果的

このオロナインパックする上でのポイントとして、毛穴が開いてからケアする方がより効果的です。
最もお手軽な方法が、蒸しタオルを使用するという方法です。
蒸しタオルは水に濡らしたタオルをロール状に巻いて、500Wで1分程度温めればできあがります。
オロナインを塗る前に、この蒸しタオルで温めることで毛穴を開くことができ、より効果的な角栓ケアをすることができます。
お風呂に入っても毛穴を開かせることはできるのですが、体全体が温まりすぎると汗をかいてしまい、その汗によって毛穴用パックシートが上手く貼れないことがあります。
オロナインパックをするときには、少しでも効果を高めるために、毛穴を開かせてから行いましょう。

 

鼻の黒ずみ ケア オロナイン

 

2-2.ラップ利用した黒ずみの取り方

毛穴パックシートを使った方法は、角栓がとれたことを目で確認することができ、効果を実感しやすいケア方法です。
しかし、角栓を無理に取り除くことは肌にも負担をかけます。
負担をかけずにケアしたいという人には、ラップを利用した黒ずみケアがおすすめです。
やり方はとても簡単で、お風呂でオロナインを白くなるまで塗り、その上からラップを使ってフタをするだけです。
その後10分程度湯船につかり、オロナインを洗い流します。
効果を実感するまでには時間がかかるかもしれませんが、とても簡単で、肌への負担も少ないことから安心してできるケア方法です。

 

2-3.オロナインパックの放置時間

オロナインパックをするときにどのくらい放置した後にシートを貼ればいいのかと思う人もいるかもしれません。
目安としては5〜10分程度です。
時間がないという人はすぐにオロナインを洗い流してパックをしたいと思う人もいるかもしれませんが、この程度の時間はないとオロナインの効果を得ることは難しいと考えられます。
オロナインを塗ることで角栓を柔らかくする効果が得られ、今まで以上に角栓が取り除けると考えられることから、一定時間の放置は重要になります。
オロナインを塗ってから、成分が浸透するまで待ってシートを貼るようにしましょう。

3.オロナインで鼻の黒ずみを取る時の注意点

オロナインでの黒ずみケアはとても話題となり、その効果を実感した人も多くいます。
その反面効果がなかった、黒ずみがひどくなったという声も見られます。
オロナインで鼻の黒ずみを取るときには、頻度やアフターケア、肌の状態を見てケアしていきましょう。
肌の状態が悪いのに、無理にケアをしてしまうと肌荒れの原因となってしまいます。
また、角栓が良く取り除けるからと、週に何度も毛穴用パックを利用していたのでは、当然ですが肌への負担はとても大きなものとなり、今まで以上に黒ずみがひどくなるケースもあります。
肌の状態を確認したり、適度な頻度でのケアが重要になります。

 

3-1.適度な頻度でパックする!やり過ぎは禁物

このケア方法で最も注意したいのが頻度です。
どんなに効果があるといっても、毎日のようにしていては肌への負担が大きくなり、気になっていた黒ずみがさらに気になる状態へと悪化する可能性があります。
適切な頻度としては週に1回までです。
これ以上のケアはおすすめできません。
角栓を取り除くことはあまり肌にいいことではありません。
本来なら、この角栓ができないように時間をかけて肌サイクルを整えることが最も良いケア方法と考えられます。
気になっている黒ずみを短期間で解決できる方法なのですが、肌への負担が大きいため、この頻度は守って安全なケアをしていきましょう。

 

3-2.オロナインパックをした後は毛穴を引き締める!

オロナインパックをした後は、綺麗に角栓が取り除けるのですが、その後の毛穴は目でも確認できるほど穴が開いている状態となっています。
このまま放置していたのでは汚れが毛穴に詰まりやすく、ニキビの原因となったり、さらに黒ずみを悪化させる原因となってしまいます。
オロナインパックをした後にはしっかりと毛穴を引き締めましょう。
パック後は、化粧水や美容液を使い保湿をした後に、保冷材や冷やしたタオルなどを使って毛穴を引き締めてあげましょう。
保冷剤がないという人は、ケア前に濡らしたタオルを冷凍庫に入れておけば、ケア後にすぐに冷たいタオルで毛穴を引き締めることができます。

ビオルガクレンジング

鼻の毛穴汚れ・黒ずみ・角栓のケアにはビオルガクレンジング!
鼻の毛穴汚れや黒ずみケアは、まず洗顔から。
洗顔フォーム「ビオルガクレンジング」は毛穴の汚れを落とすだけでなく、配合されている和漢・美容成分の力で肌にハリを与えるエイジング効果も期待できます!
無添加洗顔フォームだから、肌に優しく、安心してお使いいただけます。
通常3,990円のところ、今なら初回限定で62%OFFの1500円(税抜)で購入できます!

ビオルガクレンジング公式サイト