いちご鼻 治し方 綿棒

1.いちご鼻の簡単ケア!短期間で美鼻を手に入れるには

綺麗な肌を目指すのであれば毛穴を目立たなくすることが大事ですよね。
鼻とその周辺は特に毛穴が黒ずみ、ブツブツとして目立ってしまいがちですが、これがいわゆるイチゴ鼻です。
古い角質が毛穴に詰まってしまい、鼻が汚れでブツブツとなってしまいます。
しかし、黒ずみが気になり早く治したいからといって、間違った方法でケアをすると逆効果です。
黒ずみが消えるどころかひどくなってしまったり、ニキビができてしまったりと、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。
皮膚科で治療を受けられるのであれば良いのですが、できることなら自宅ケアで完治させたいですよね。
正しいケア方法とそうでないケア方法を学ぶことで、効率良く毛穴の目立たない美鼻を手に入れましょう。

 

1-1.間違ったケアはいちご鼻が悪化する原因に

間違ったセルフケアの例として、過剰な洗顔、毛穴パックのやり過ぎなどが挙げられます。
洗顔のし過ぎは必要な皮脂までも洗い流してしまうため、乾燥してニキビができやすくなったり、保湿力が失われてしまうため外部からの刺激に敏感になってしまいます。
また、意外と知られていないのが毛穴パックのやり過ぎによる肌トラブルです。
毛穴パックを使うと角栓をゴッソリと取り除くことができるため、鼻に良さそうだからと愛用している人も多いのではないでしょうか?
しかし、毛穴パックを使うと毛穴に傷が付き、いちご鼻が治るどころか広がってしまいます。
洗顔と毛穴パックは適度に使えば問題ありませんが、過剰に行うと肌トラブルの原因となってしまうのです。

2.オイルと綿棒を使って角栓が取れる!

では、正しくイチゴ鼻を治すためにはどのような方法を用いればよいのでしょうか?
一番手軽に行えるセルフケアとして、オリーブオイルと綿棒を使って角栓を取り除く方法があります。
どちらも一般家庭に常備されているものだと思うので、思い立った時にケアができるのはないでしょうか?
実は、この綿棒を使った角栓ケアがtwitterで1万リツイートを超えているのをご存知ですか?
簡単な方法で「ゴッソリ角栓がとれる!」と話題なのです。

 

いちご鼻 綿棒

 

2-1.具体的なケア方法とは

具体的な方法としては、オリーブオイルをたっぷりと染み込ませた綿棒で鼻、そして鼻周りをマッサージするようにコロコロと転がします。
そうすることで毛穴に詰まった角栓、皮脂がオリーブオイルに反応してじんわりと外に溶け出してくるのです。
基本的に、皮脂に限りなく近い成分のオイルがより馴染みやすい傾向にあります。
そのため、オリーブオイルでなくとも、椿油や米ぬかオイルでも代用できます。
ここで疑問に思う人もいるかもしれませんが、なぜ綿棒なのでしょうか?
「コロコロと転がすだけなら綿棒でなくともいいのでは?」と考える人もいるでしょう。
しかし、このケア方法には、他の方法よりもメリットがあるのです。

 

2-2.手軽で経済的

オリーブオイルと綿棒は一般家庭であれば常備されていることがほとんどではないでしょうか?
そのため、非常にお手軽で経済的な方法であると言えるでしょう。
パックなどでイチゴ鼻を治療しようとすると1,000円前後かかってしまいますが、これであれば家にあるものだけで行うことができるため、わざわざパックを買いに行く手間も無いですし、お金もかかりません。
また、もしもオリーブオイルが無い場合には自分がいつも使っているスキンケア用オイルでもOKです。

 

2-3.綿棒を使う目的は角栓を優しく取る事

綿棒を使うメリットの一つ目として、肌にとても優しいという事が挙げられます。
毛穴パックやクリームで角質を取り除く方法は、効果が強力である故に肌への負担もかなりかかってしまいます。
そのため、角栓が取れたとしても、またすぐに黒ずんでしまったり、乾燥肌になってしまったりと、他の肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
また、綿棒は柔らかい一方で芯がしっかりとしているため、絶妙な圧をかけながらマッサージをすることができます。
硬すぎると肌に傷をつけてしまうし、逆にフニャフニャだと必要分の圧をかけることができません。
これらの点から判断して、このケア方法では綿棒が一番向いているのです。

 

2-4.蒸しタオルで毛穴を広げておくと即効性アップ!

なお、このセルフケアを行う前に一手間かけることで効果を大幅にアップさせることもできます。
その方法とは、蒸しタオルで毛穴を広げておくことです。
毛穴が広がれば、それだけ毛穴から溶け出る皮脂、角栓の量も多くなるため効率的にイチゴ鼻を改善していくことができます。
また、ケアを行うタイミングとしては夜お風呂に入った後が良いでしょう。
朝にしてしまうと、結局一日の生活の中で再び皮脂、角栓が詰まってしまうため効果はあまり期待できないでしょう。

 

2-5.頑固な角栓は綿棒2本で優しく挟む

このケアをしていくと、簡単にとれる角栓、皮脂と、結構頑固なものの2つがあることに気付くはずです。
コロコロとマッサージをするだけで取れるものもありますが、中にはしぶといのもいます。
そのような頑固な角栓に関しては、綿棒を2本使って優しく挟みながらマッサージをすると取れるでしょう。
ここでの注意点として、あまり強くし過ぎるとやはり黒ずみの原因ともなってしまうため、圧迫感を感じるほどではなく、あくまでも気持ち良いと感じる程度の力で挟むようにしましょう。

 

2-6.ケアの後は保湿が重要

ケアの後は冷たい水で洗顔をしてオイルを完全に洗い落としましょう。
オイルが付着しているとそれが酸化してしまい、菌が繁殖してしまったり、顔が脂っぽくなってしまいます。
ちなみに、冷水を使う理由は、冷たい水で洗顔することでケア中に広がった毛穴を引き締めることができるからです。
また、洗顔後には肌が敏感になっているため化粧水などで保湿をし、肌を外部の刺激から守るようにしましょう。
保湿をすることで角栓が毛穴に再び詰まってしまう事の予防策にもなるため、二重の意味でオススメです。

3.角栓マッサージに利用する綿棒とオイルの選び方

角栓マッサージをするにあたっての綿棒、オイルはどのようにして選べばよいのでしょうか?
また、どのようなものが適しているのでしょうか?
先程も少し説明しましたが、オイルに関しては肌に馴染みやすい、そして皮脂とのバランスが良いものを選ばなければ思うような効果は得られません。
なお、綿棒に関していえばほとんど同じような弾力、柔らかさなので極端なものを選ばない限りはケアへの影響はないでしょう。
これらは一人一人の肌質によって合うもの、合わないものがあるため、試していって最終的に自分に合ったものを選ばなくてはいけません。

 

3-1.オイルってなんのオイル?

オイルに関しては、肌に馴染みやすく皮脂とのバランスが良いものを選ばなければ角栓を効率的に取り除くことはできません。
そのため、椿油、オリーブオイル、そして米ぬかオイルの中でいくつか試してみて自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。
慣れてきたら必ずしもこの3種類の中から選ばなくても大丈夫なのですが、基本的には植物性オイルの中から選ぶことをおすすめします。
植物性のものは肌への刺激が少ないため、肌に負担をかけずに角栓の除去ができます。
動物性のものを使ってしまうとオイリー肌や混合肌、敏感肌になってしまったりと、肌トラブルの原因となります。

ビオルガクレンジング

鼻の毛穴汚れ・黒ずみ・角栓のケアにはビオルガクレンジング!
鼻の毛穴汚れや黒ずみケアは、まず洗顔から。
洗顔フォーム「ビオルガクレンジング」は毛穴の汚れを落とすだけでなく、配合されている和漢・美容成分の力で肌にハリを与えるエイジング効果も期待できます!
無添加洗顔フォームだから、肌に優しく、安心してお使いいただけます。
通常3,990円のところ、今なら初回限定で62%OFFの1500円(税抜)で購入できます!

ビオルガクレンジング公式サイト