鼻 角栓

1.鼻の角栓を徹底調査!

鼻のぶつぶつや毛穴の黒ずみが気になっているという人は多くいます。
この症状は簡単に改善できそうで、意外に難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。
この症状で悩んでいる人に人気があるのが毛穴パックですが、このようなケアをしても、すぐにまた元の状態に戻ってしまいますよね。
鼻のぶつぶつや毛穴の黒ずみを解消するにはまず原因をしっかりと理解することが大切です。
その上でケアをすることにより、効果的に解消することができます。
ここでは、原因と最近人気を集めている鼻のぶつぶつや毛穴の黒ずみ解消法を紹介したいと思います。

 

1-1.角栓の正体とは

鼻のぶつぶつや毛穴の黒ずみは、角栓が大きくかかわっています。
その角栓の正体を知ることで、効果的なケアにつながります。
角栓は、肌から分泌される皮脂、古い角質、汚れが混ざり合うことによってできてしまいます。
通常の肌サイクルなら、古い角質は自然と剥がれ落ち、溜まってしまうということはありません。
しかし、毎日の過剰な洗顔や間違ったスキンケア、生活習慣によって肌にストレスを与えてしまい、肌サイクルが乱れて古い角質が溜まることになります。
鼻のぶつぶつや毛穴の黒ずみが気になるという人は、今のスキンケアや生活習慣を見直して、角栓を作らないことが大切です。

2.鼻の黒ずみができる原因

鼻の黒ずみは、汚れが付着しているからだと思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、洗顔などをしてもこの鼻の黒ずみはなくならないですよね。
汚れが原因となることもあるのですが、この黒ずみはそれだけではありません。
気になる鼻の黒ずみは、角栓が変色することにより起こっているのです。
そのため、ただ洗顔をしただけでは簡単には鼻の黒ずみを解消することができません。
この角栓はニキビなどの肌トラブルの原因ともなりますし、ニキビができなくても鼻の黒ずみの原因ともなることから、一度できてしまうとと手も厄介な存在となります。

 

2-1.毛穴に詰まった角栓の酸化

角栓が変色してしまうのは酸化が原因です。
鉄などでも、外に放置しておけば徐々にさびていきますが、あれは酸化が原因です。
角栓も、そのままの状態で放置していれば、徐々に酸化が進み、硬くなり酸化して変色してしまい、鼻の黒ずみとなってしまいます。
硬くなった角栓がいつまでも毛穴にとどまることにより、毛穴の開きの原因ともなってしまうことから、毎日のスキンケアが重要になります。
忙しい生活を送っていると、どうしてもスキンケアにかける時間も少なくなり、角栓が気になっていても放置しがちです。
しかし、そのような生活によって鼻の黒ずみの原因となることを忘れてはいけません。

 

2-2.落とし切れていないメイク

鼻の黒ずみは角栓の酸化だけでなく、落としきれていないメイクが原因となっているケースもあります。
最近は様々な化粧品が販売され、1日過ごしていても全くメイクくずれをしないようなものもあります。
そのようなメイクでは、しっかりとクレンジングをしても、毛穴の中にメイクが残ってしまい、黒ずみの原因となっていることもあるのです。
メイクだけは毎日しっかりと落としているという人でも、一度メイクを落とした後に、メイクの拭き取りシートで顔を拭いてみてください。
今クレンジングしたばかりなのに、シートに茶色くメイクがついていることもあります。

 

鼻 角栓 メイク

3.簡単にできる鼻の黒ずみの取り方

鼻の黒ずみは、毎日のスキンケアや生活習慣によって肌サイクルが乱れて、古い角質が溜まることによって角栓ができてしまったり、毎日のメイク落としが不十分なために起こります。
原因を知ると、この黒ずみを解消するのはとても大変なことではないかと思ってしまいますよね。
しかし、最近はお手軽な方法で、この鼻の黒ずみが取れると人気となっているケア方法がいくつかあります。
それらのケア方法は、高価なケア用品を用意する必要もなく、安価なスキンケア用品を使ったり、どの家庭にでもあるものを使ってできるケアで、角栓を柔らかくし、肌に大きな負担をかけることなく鼻の黒ずみを解消することができます。

 

3-1.ニベアでパックが効果的

人気となっているケア方法の一つがニベアを使ったケアです。
ニベアは昔から愛用している人も多く、お母さんやおばあちゃんがよく使っていたという人もいるのではないでしょうか。
ニベアは、数万円もするような高級クリームとほぼ同じ成分であることがわかってから、ここ数年で注目されているスキンケア用品です。
このニベアを毎日のお風呂でたっぷりと鼻に塗ります。
その鼻にラップをして、5分から10分程度そのまま放置します。
後は、毎日している洗顔をするだけのお手軽なケア方法です。
お風呂ですることで血流が促進され、毛穴を開かせる効果もあり、ニベアに含まれる油分によって角質が柔らかくなり、毎日の洗顔の効果を高めてくれます。

 

3-2.オロナインの有効活用

ニベアと同じように、昔から愛用されている肌トラブルのケア商品がオロナインです。
オロナインは軽いやけどやすり傷などの薬なのですが、意外な使い方で注目されています。
鼻の黒ずみが気になる人が愛用している毛穴パックですが、角栓が硬い状態で無理やり取り除こうとすれば、上手く取り除けないこともありますし、なにより肌に大きなダメージを与えてしまいます。
この毛穴パックをする前に、オロナインをたっぷりと鼻に塗ることにより、オロナインの油分が角質を柔らかくし、驚くほど毛穴の角栓を取り除くことができます。
このオロナインを使うことで肌への負担も軽減できるのですが、やり過ぎは禁物で、1〜2週間に1回程度のケアをすることをおすすめします。

 

3-3.綿棒とオイルで効果的に角栓をケア!

どこの家庭でもある綿棒と、オリーブオイルやベビーオイルなどを使ってケアをする方法もあります。
オイルには肌や角質を柔らかくするという効果があります。
その効果を利用することで、硬くなった角栓を取り除こうというケア方法です。
綿棒にオイルを浸み込ませ、あとは気になる部分でコロコロと綿棒を転がすだけです。
そうすることで皮膚や角栓が柔らかくなり、取り除きやすい状態にすることができます。
このケアをする前に、蒸しタオルなどを使って毛穴を開きやすい状態にしておくとさらに効果的な毛穴ケアにつながります。
毛穴ケアでは肌に負担をかけないことも大切なので、綿棒を強く押して、角栓を取り除くとことはやめましょう。

 

3-4.ピンセットで角栓を取るのは危険

ニベアやオロナイン、綿棒を使ったケア方法は人気もあり、おすすめのケアなのですが、おすすめできないケア方法もあります。
それがピンセットで角栓を取り除くという行為です。
鏡を見ると、角栓が飛び出していて、ピンセットで簡単に取り除けそうな気がします。
ここで安易にピンセットで角栓を取り除いてしまうと肌にダメージを与えてしまい、肌サイクルの乱れにもつながります。
肌サイクルの乱れは新たな角栓を作る原因となり、角栓を無理やり取り除いたとしても、悪循環を繰り返すだけです。
角栓ケアでは、できる限り肌への負担が少ないケアをしていくことが、根本的な解決になります。

ビオルガクレンジング

鼻の毛穴汚れ・黒ずみ・角栓のケアにはビオルガクレンジング!
鼻の毛穴汚れや黒ずみケアは、まず洗顔から。
洗顔フォーム「ビオルガクレンジング」は毛穴の汚れを落とすだけでなく、配合されている和漢・美容成分の力で肌にハリを与えるエイジング効果も期待できます!
無添加洗顔フォームだから、肌に優しく、安心してお使いいただけます。
通常3,990円のところ、今なら初回限定で62%OFFの1500円(税抜)で購入できます!

ビオルガクレンジング公式サイト