鼻の黒ずみ 毛

1.鼻の黒ずみは黒い産毛も原因

黒ずみの原因の多くが皮脂や古い角質が混ざってできる角栓が酸化してしまうことで起こってるため、毎日の食事や適切な洗顔方法、スキンケアなどで肌のターンオーバーを整えることが大切です。
この角栓によって黒ずみができている人の特徴に、鼻を触ってみるとざらついているという点が挙げられます。
角栓の頭が出ているため、触った感触がざらついているケースが多く見られます。
しかし、黒ずみができているのに、そんな感触もないタイプもあります。
その場合には、角栓ではなく別の原因で黒ずみができているかもしれません。
その一つが産毛です。
産毛によって黒ずみに見えるケースもあります。
黒ずみケアではまず原因を知ることが必要なので、自分の鼻をしっかりと鏡で確認してみましょう。

 

1-1.短かいのに濃い黒だから目立つ産毛

産毛がなぜ原因となるのかと思う人もいるかもしれませんが、鏡で鼻の産毛を見てみるとすぐにわかります。
顔の毛とは少し違い、毛が短いうえに濃い黒い毛が生えていることが確認できます。
産毛といってもこの濃い黒い毛が生えているため、遠目で見ると黒ずみのように見えるというわけです。
普段はメイクなどによって上手く隠れていても、素肌を見れば目立つことになってしまいます。
ただ、肌サイクルが乱れてできる黒ずみとは違い、このケースでの黒ずみなら、脱毛をすることで解決することもできます。
このような黒ずみの人は、まず脱毛をしてみることをおすすめします。

 

1-2.鼻パックでは少ししか抜けない

鼻パックをよくしているという人はこの産毛に気づくこともあるのではないでしょうか。
鼻パックをした後にシートを確認すると、角栓だけでなく産毛も抜けて、その産毛を意外に黒く濃い毛があるのだと認識することができます。
普段から鼻パックをしている人は、産毛が原因なら鼻パックをすれば角栓も産毛も取り除けて一石二鳥だと思う人もいるかもしれません。
しかし、鼻パックでは産毛が完全に抜けるというわけでもないことから、産毛に対してのケアもしていくことが必要になります。
また、鼻パックは肌へのダメージが大きいことから、頻繁にしていると肌サイクルが乱れて角栓が原因の黒ずみになってしまうこともあります。

2.鼻の黒ずみの元となる産毛の処理方法

産毛が原因の人の場合には、鼻の黒ずみの元となる産毛をどのような手入れ方法で処理したらいいのかという問題があります。
処理方法としては大きく別けて自己処理とプロに任せる方法があります。
自己処理では、毛抜きやシェーバー、抑毛ジェルなどを使った方法があり、プロに任せるとは、エステサロンやクリニックでの脱毛、理容室のシェービングなどの施術を受けるということです。
処理方法によってはデメリットなどもあることから、まずは各処理方法のメリットやデメリットを確認してから処理をすることが大切です。
安易にしてしまうことにより後悔する状態となってしまうこともあります。

 

2-1.正常に生えていれば毛抜きやシェーバーで脱毛できる?

正常に生えている産毛なら、毛抜きやシェーバーでも十分に処理できます。
カミソリなどを使う方法もありますが、鼻の形状からも皮膚を傷つける心配もありますし、鼻には凹凸があることからもカミソリでは処理しにくい場所です。
毛抜きなら気になったときに手軽に処理できますし、シェーバーなら鼻全体の産毛処理を短時間で済ませることもできます。
カミソリ以外の処理方法なら、自己処理でも手軽に済ませることができます。
産毛がなくなっただけで、今まで気になっていた黒ずみが解消されることもあり、鼻の黒ずみが気になっている人は一度試してみることをおすすめします。

 

鼻の黒ずみ 毛 対策

 

2-2.自己処理が難しい埋没毛

誰にも見られることなく自宅でケアができる産毛の自己処理なのですが、メリットだけでなくデメリットもあります。
とくに毛抜きでの処理には要注意です。
無理に毛を抜くことで皮膚が傷つきかさぶたができることがあり、そのかさぶたによって毛が外に成長せず、皮膚の中で毛が成長してしまい埋没毛になってしまうこともあります。
埋没毛になってしまうと、その毛が透けて見えて今まで以上に目立つ状態になってしまうかもしれません。
また、毛を抜くことで皮膚に刺激を与えてメラニンを増やし、そのメラニン色素によって黒ずみができてしまうという結果になってしまうこともあります。

3.毛抜きやシェーバーでは難しい産毛の処理方法

毛抜きやシェーバーは手軽にできる産毛の処理方法ですが、埋没毛のようなデメリットがありますし、脱毛しにくいと感じる人も多くいます。
鼻は平らではなく、凸凹があるためどうしても処理がしにくかったり、剃り残しなども出やすい場所です。
その処理をしにくいために、何度も毛抜きで抜こうとして肌にダメージを与えてしまうことがあります。
鼻の産毛は短いため、どうしても毛抜きでは抜きにくい場所です。
先端がとがった毛抜きで処理をすると、つかみにくい場所では鼻を押さえつけながら抜こうとして肌を傷つけてしまうことも考えられます。
自己処理をするときには十分に注意しましょう。

 

3-1.フェイシャルケアで綺麗に脱毛!

自己処理では難しいと感じている人は、プロに任せるという解消方法もあります。
脱毛というとエステサロンやクリニックなどを思い浮かべますが、普段利用している理容室でも、フェイシャルケアのコースで顔剃りしているところもあります。
プロがシェービングしてくれ、気になる鼻の産毛を綺麗に剃ってくれるだけでなく、剃り残しなどがないので安心して任せられますし、埋没毛などの心配もありません。
クリニックなどで永久脱毛をしてしまえば、産毛によっての黒ずみで悩む心配もなくなります。
手軽にできる自己処理ですが安全性などを考えるとプロに任せる方が安心です。

 

3-2.抑毛ジェルの有効活用

カミソリや毛抜き、シェーバーなどでの処理は難しいものです。
しかし、自己処理なら誰にも見られることなく、自分の好きな時間にできるというメリットもあります。
この自己処理でおすすめの方法が抑毛ジェルです。
抑毛ジェルなら塗るだけなので簡単に処理ができ、カミソリのように肌を傷つけることもなく、埋没毛の心配もありません。
しかし、抑毛ジェルとなると、どんな成分が使われているかよくわからず、肌に負担をかけるのではないかと不安に感じる人もいるかもしれません。
販売されている商品の中には、子供でも使えるような抑毛ジェルも販売され、肌にも優しくケアができる商品も販売されています。

 

3-3.抑毛で鼻の黒ずみを治した体験談

クリニックの脱毛をしてイチゴ鼻を解消したといった声を見ることができました。
小鼻の脱毛ができるクリニックを探したけれど、なかなか脱毛をしてくれるクリニックがなかったようです。
クリニックやエステサロンでは、凸凹している鼻は光やレーザーが照射しにくいことからあまり施術をしているところが少ないようです。
そんな中、小鼻にも照射してくれるクリニックを見つけて施術を受け、1回の施術だけ受けてイチゴ鼻が解消されたようで、その効果に驚いたようです。
クリニックでの施術で永久脱毛をするには複数回の施術が必要になりますが、イチゴ鼻の解消なら1回の施術でも効果がありそうです。

ビオルガクレンジング

鼻の毛穴汚れ・黒ずみ・角栓のケアにはビオルガクレンジング!
鼻の毛穴汚れや黒ずみケアは、まず洗顔から。
洗顔フォーム「ビオルガクレンジング」は毛穴の汚れを落とすだけでなく、配合されている和漢・美容成分の力で肌にハリを与えるエイジング効果も期待できます!
無添加洗顔フォームだから、肌に優しく、安心してお使いいただけます。
通常3,990円のところ、今なら初回限定で62%OFFの1500円(税抜)で購入できます!

ビオルガクレンジング公式サイト