鼻の黒ずみ メイク

1.鼻の黒ずみを隠そうとするメイクは逆効果!

鼻に黒ずみができてしまうと、それを隠そうといつも以上にファンデーションを厚くしてしまうことが多いと思います。
しかし、これは肌の健康にとても悪い事なのです。
かといって、鼻パックや過度な洗顔をしても黒ずみ改善には逆効果となってしまいます。
軽視されがちだけど、一度できてしまうと治りにくいもの、それが鼻の毛穴付近にできてしまう黒ずみなのです。
これから、鼻の黒ずみを治すにあたってどのようなアプローチをすれば良いのか、どのような化粧水が黒ずみに対して効果があるのか、などを説明していきたいと思います。

 

1-1.メイクが鼻の黒ずみを悪化させる理由

そもそも、鼻に黒ずみができてしまう原因とは何なのでしょうか?
これには大きく分けて二つのものが考えられます。
一つは、皮脂と角質が混ざって酸化してしまった場合です。
特徴としては、触ってみるとザラつきを感じることができる点です。
二つ目に、鼻に出来たシミが黒ずみになってしまうパターンです。
もしも、黒ずみを触ってみてザラつきを感じない場合にはメラニンが原因の黒ずみである可能性があります。

2.鼻の黒ずみ部分にメイクが必要な時の注意点

鼻に黒ずみがある場合、どのような原因であれ肌が弱っていることが多いため、美肌を目指すのであればその部分へのメイクは避けた方が良いでしょう。
しかし、どうしてもメイクが必要な場合には化粧水をメイク前に使い、しっかりと保湿をしておく事をオススメします。
こうすることで黒ずみ対策だけでなく、同時に乾燥肌やニキビ対策、そして何より日常的に行うことで美容効果を得ることができます。
メイクをするときであってもしっかりと肌の事を考えてあげれば少しずつ黒ずみは改善していきますよ。

 

2-1.塗り過ぎない事が大切

先程も言ったように、鼻の黒ずみは気になり出したら止まらないため、ついつい黒ずみを隠すためにファンデーションが厚塗りになってしまいがちです。
しかし、厚塗りにしてしまうと見た目が不自然になってしまうだけでなく、肌の状態を更に悪化させてしまう原因となります。
ファンデーションを厚塗りしてしまうと、鼻の黒ずみの原因である角質と皮脂に加えてファンデーションも混ざってしまい、毛穴の中がとても不潔な環境になってしまいます。
そのため、ファンデーションを黒ずみ部分に塗るときはあくまでも自然に、そして事前に化粧水で洗浄、保湿をしっかりとして毛穴を清潔にしておきましょう。

 

2-2.帰宅後はメイク落としでしっかりと取る

鼻の黒ずみを治すために一番大切なことは、毛穴を常に清潔にしておき、保湿することです。
こうすることで角質が原因で皮脂が毛穴に詰まってしまうこともなくなり、毛穴の内部で酸化してしまうことも防ぐことができます。
そのため、帰宅をしたらしっかりとメイク落としをして汚れを残さないようにすることがとても重要です。
面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、しっかりメイクを落とすかどうかで5年後、10年後の自分の肌の質感、見た目が変わってくるため、面倒くさがらずにすることをおすすめします。

 

鼻の黒ずみ メイク 落とす

 

2-3.落とした後は化粧水などでしっかり保湿!

メイクを落として肌を洗浄したら、次は化粧水でしっかりと保湿しましょう。
洗浄をしただけでは、あくまでも今毛穴の内部が綺麗になっているだけで徐々に汚れはまた溜まってきます。
ましてや、顔は皮脂分泌が最も盛んな部位の一つであり、放っておくとすぐに毛穴が汚れで詰まってしまいます。
特に、オイリー肌の人は、普通の人よりも皮脂の分泌が著しいため注意が必要です。
これを防ぐのが保湿です。
適度な保湿を行うことで、乾燥状態の肌よりも汚れの外部侵入を防ぎ、化粧水が肌を清潔に保ってくれます。

 

2-4.顔の洗いすぎにも要注意!

その他の注意点として、特に若い人に多いのですが、スクラブ洗顔剤や洗顔フォームでガシガシ顔を洗ってしまうことは避けましょう。
適度な洗顔ならばよいのですが、過剰にしてしまうと、保湿に必要な分の皮脂や、肌健康の維持に必要な常在菌まで洗い流してしまい、結果として乾燥肌、混合肌、またはニキビ肌になったりしてしまいます。
同様に、角栓パックやピーリングも過剰にしてしまうことで肌の健康を損なってしまうため注意しましょう。

3.化粧品選びのポイント

鼻の黒ずみ対策に化粧品対策選びは重要です。具体的には、肌への負担が少ないものを選ぶことをおすすめします。
最近では、和漢エキスが配合されているような化粧品も登場し、アンチエイジング効果が期待できる商品もあります。
30代を超えて鼻の黒ずみ以外の肌トラブルを抱えている人、化粧のりが悪くなったと感じている人は、特に気をつけたいものですね。

 

3-1.刺激の少ない化粧品がベター

上述したように、化粧品選びのポイントは、肌に負担が少ないものを選ぶことです。
しかし、化粧品には相性というものが存在するため、必ずしも万人に同じ、高い効果が出る、ということはまずありません。
とはいえ、毛穴の黒ずみを改善したいのであれば、最低限、化学物質が含まれていない、ビタミンCが配合されている、保湿、洗浄効果があるものを選びましょう。
黒ずみは刺激を与えることで悪化することが多いため、できるだけ肌への刺激が少ない化粧品を選ぶことが重要です。

4.鼻の黒ずみがメイクで悪化した人の失敗談

「黒ずみがとても気になってしまい、基礎化粧品、ファンデーションを大量に塗り、そして自宅ではスキンケアと称して、洗顔料を使って過剰に洗顔をしたり、パックをしたりしていました。しかし、これがどうもまずかったらしく、敏感肌になってしまい、肌自体のツヤやハリも無くなってしまいました。これはまずいと、皮膚科の先生に相談したところ、黒ずみ部分へのメイクをできるだけ避け、美容液、化粧水で洗浄と保湿をしっかりと行うこと、そしてなによりゴシゴシと洗わない、という正しい洗顔方法を教えてもらいました。言われたことを半年ほど続けていると、ある日ふと鏡に映った自分を見ると黒ずみが改善していることに気が付きました。黒ずみがあるからといって厚塗りするのではなく、しっかりとした手入れ方法で少しずつ治していきましょう(40代女性・専業主婦)」

ビオルガクレンジング

鼻の毛穴汚れ・黒ずみ・角栓のケアにはビオルガクレンジング!
鼻の毛穴汚れや黒ずみケアは、まず洗顔から。
洗顔フォーム「ビオルガクレンジング」は毛穴の汚れを落とすだけでなく、配合されている和漢・美容成分の力で肌にハリを与えるエイジング効果も期待できます!
無添加洗顔フォームだから、肌に優しく、安心してお使いいただけます。
通常3,990円のところ、今なら初回限定で62%OFFの1500円(税抜)で購入できます!

ビオルガクレンジング公式サイト