鼻の黒ずみ 中学生

1.中学生など思春期に発生する鼻の黒ずみ

多くの中学生が悩む肌の症状にニキビがあります。
この時期になると皮脂の分泌量が増えてニキビという厄介な症状が出てくることになり、このニキビは目立つことから多くの中学生の悩みでもあります。
ニキビは時間が経過すれば症状が治まるのですが、なかなか改善することがないのが鼻の黒ずみです。
黒ずみはニキビほど目立つ症状ではありませんが、黒いプツプツがあることでとても恥ずかしいと感じる人も多いようです。
この鼻の黒ずみは毎日のスキンケアによっても起こることから、まず原因をしっかりと知って、適切なケアをしていくことが大切です。

 

1-1.鼻の黒ずみの原因とは

鼻の黒ずみの原因の一つに角栓があります。
角栓というのは、皮脂と古い角質が混ざることによりできる症状です。
角栓はニキビの原因ともなることから、角栓を作らないようなスキンケアをしていくことが大切になります。
角栓は肌サイクルが乱れることで起こります。
中学生はニキビに悩む時期でもあり、ニキビを作らないためにしっかりと洗顔しようとします。
しかし、洗顔をやりすぎてしまうと、徐々に肌機能が低下してしまい、角栓ができやすい肌となってしまいます。
この時期に正しい洗顔方法を身につけることが必要になります。

 

1-2.毛穴に詰まった汚れと酸化した皮脂

鼻の黒ずみは、その見た目から毛穴の汚れが原因だと思っている人も多くいます。
そのため、どうしても洗顔をしなければいけないと思う人が多いようです。
しかし、鼻の黒ずみは、汚れの場合もあるのですが、多くが角栓の酸化にあります。
角栓の頭部分が空気と触れることにより酸化してあの嫌な黒い症状を引き起こします。
そのため、汚れを落とそうと過度な洗顔をするのではなく、角栓ができないような肌ケアが効果的な黒ずみ対策になります。
どうしても見た目からも汚れが毛穴に詰まっているように見えることから、自分の洗顔が足りないのではないかと思ってしまいますが、肌サイクルを整えることを重点に考えていきましょう。

 

1-3.ホルモンバランスの変化で増える皮脂

肌サイクルが乱れることで角栓ができやすくなるのですが、もう一つこの時期に角栓ができやすい理由があります。
それが皮脂です。
皮脂の分泌量が多いためどうしても毛穴が詰まりやすくなります。
この時期はホルモンバランスの変化によって皮脂分泌量が増える時期です。
この皮脂の分泌量が増えることで毛穴が詰まりやすく、この毛穴の詰まりはニキビの原因ともなりますが、黒ずみの原因ともなるのです。
それなら、しっかりと洗顔することが重要ではないかと思ってしまいますが、皮脂は肌を守るためにはとても重要で、この皮脂を必要以上に取り除いてしまうとさらに皮脂分泌を増やすことにもつながります。
さらに過剰な洗顔をしていると肌が乾燥しやすくなり、肌のバリア機能が低下しますし、皮膚が固くなって毛穴の開きの原因にもなってしまいます。

2.中学生に多い鼻の黒ずみの治し方

鼻の黒ずみは気になるけど、過剰な洗顔はダメだと言われると、どうやってケアしたらいいのかと思ってしまう人もいるでしょう。
肌には、毛穴が汚れたり、角栓ができてしまったとしても、汚れや角栓を外に排出していく機能があります。
大切なのは、この機能を働かせることです。
過剰な洗顔や毛穴ケアによって肌機能を低下させることに問題があります。
すぐにでも治したいと毛穴パックなどを使ってしまい、角栓だけでなく必要な皮脂や角質まで取り除いて肌に大きなダメージを与えることもあります。
このようなことを繰り返していると肌機能が低下しても当然です。
鼻の黒ずみを治すためには、肌に負担をかけないケアが大切です。

 

2-1.顔の洗いすぎは黒ずみを悪化させる

過剰な洗顔は肌に大きな負担になり、黒ずみを悪化させることをまず覚えておきましょう。
汚れや皮脂をしっかり落としたいと過剰な洗顔をしていたのではどうしても肌に大きな負担をかけることとなり、肌機能が低下してしまいます。
皮脂の分泌量が多いこの時期は、気になったらとりあえず洗顔をしてしまいがちですが、洗顔の回数としては一日2回までとして、洗顔時にはしっかりと泡立てて洗顔するようにしましょう。
何度も洗顔していたのでは、洗顔料の洗浄力によって肌機能が低下してしまいます。
また、しっかりと泡立てることで、洗顔時の摩擦軽減になり、肌への負担を減らすことができます。

 

鼻の黒ずみ 中学生 洗顔

 

2-2.洗顔後は保湿ケアが重要

洗顔後には保湿ケアをすることも重要なポイントです。
皮脂分泌量が多い時期なので脂性肌の人も多く、洗顔だけで済ませてしまうという人もいるかもしれませんが、洗顔では汚れだけでなく、必要な皮脂も落としていることから、どうしても肌を守る機能が低下しがちです。
その状態の肌を放置していると徐々に肌機能が低下してしまい、角栓ができる原因となります。
この状態を防いでくれるのが保湿ケアです。
洗顔によって汚れをしっかりと落とし、その後に保湿をすることで肌の状態を健康に保つことができます。
洗顔をして保湿をするというのは基本と考えて、洗顔後は化粧水などを使ってスキンケアをするようにしましょう。

3.中学生の鼻の黒ずみの治し方

中学生の鼻の黒ずみは、この時期特有の皮脂分泌量や間違ったスキンケアが大きな原因となります。
鼻の黒ずみには洗顔の仕方が重要なケア方法となりますが、そのほかにも大切なケアがあります。
それが生活習慣です。
生活習慣によっては、さらに皮脂の分泌量を増やしたり、肌サイクルの乱れにもつながります。
例えば、受験勉強などで夜遅くまで勉強して睡眠不足が続けば、肌サイクルを保つために重要な成長ホルモンの分泌が低下してしまいます。
肌サイクルが乱れることで角栓ができ、黒ずみを悪化させる原因ともなってしまいます。
睡眠では夜の22時から2時までがゴールデンタイムとも呼ばれ、この時間帯だけはしっかりと睡眠をとることをおすすめします。

 

3-1.食生活の改善もポイント

生活習慣では睡眠だけでなく食生活も重要なポイントとなります。
肌サイクルを正常に保つためには、必要な栄養もしっかりと摂取する必要があります。
好きなものだけを食べていたり、ファストフードなどをよく食べているとどうしても栄養バランスが乱れてしまいます。
この栄養バランスの乱れは肌サイクルの乱れにもつながり、鼻の黒ずみをケアしたいという人は、この食生活の改善も必要になります。
肌にはビタミンAやビタミンB群、ビタミンCやビタミンE、亜鉛などの栄養が必要になります。
バランスの良い食事をして、これらの栄養をしっかりと摂取していきましょう。

 

3-2.鼻の黒ずみを改善した中学生の体験談

鼻の黒ずみで悩んでいる中学生がどのようなケアをしたらいいのかという質問を見ることができました。
この人は、洗顔後の毛穴は綺麗なのに、化粧水を使うと洗顔前の状態に戻ってしまい、洗顔後に化粧水を塗るべきなのかと悩んでいたようです
泡立てネットでしっかりと泡立てて洗顔した後に、化粧水を2〜3種類も使ってケアしていたようです。
この質問に対しての答えが、化粧水を2、3種類も使うのは多い、化粧水に書いてある量よりも少なめに使うとよいといった回答でした。
そのケアを実行してみると、ずいぶん鼻の黒ずみが気にならなくなり、化粧水の数を減らすだけでこんなに違うのかと思ったそうです。
正しいケアをして、嫌な鼻の黒ずみを解消していきましょう。

ビオルガクレンジング

鼻の毛穴汚れ・黒ずみ・角栓のケアにはビオルガクレンジング!
鼻の毛穴汚れや黒ずみケアは、まず洗顔から。
洗顔フォーム「ビオルガクレンジング」は毛穴の汚れを落とすだけでなく、配合されている和漢・美容成分の力で肌にハリを与えるエイジング効果も期待できます!
無添加洗顔フォームだから、肌に優しく、安心してお使いいただけます。
通常3,990円のところ、今なら初回限定で62%OFFの1500円(税抜)で購入できます!

ビオルガクレンジング公式サイト