鼻の黒ずみ 化粧水

1.化粧水では鼻の黒ずみは悪化しない

黒ずみケアは肌の状態を整えるスキンケアがポイントになります。
鼻に黒ずみがあるとどうしてもその黒ずみばかリに目がいってしまい、毛穴パックなどの方法を利用して黒ずみの原因となっている毛穴の汚れや角栓、毛穴詰まりを取り除こうとしてしまいます。
しかし、毛穴パックをして黒ずみを取り除いても、すぐに黒ずみが戻ってしまいます。
毛穴パックでは黒ずみを取り除けても、黒ずみができないようにはしてくれず、悪化させる原因となるケースもあります。
また、脂性の人では洗顔後に化粧水などを使うと毛穴が詰まるのではないかと心配してしまう人もいるのではないでしょうか。
化粧水で鼻の黒ずみは悪化しません。
化粧水を利用することで、保湿成分などによって黒ずみを悪化させるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、むしろ逆です。
洗顔後に化粧水を使うことで効果的なケアにつながります。

 

鼻の黒ずみ ケア 化粧水

 

1-1.化粧水は保湿の為に使う方が良い!

化粧水は多くの種類が販売されています。
その数ある化粧水の中で、鼻の黒ずみケアができる化粧水をどのような基準で選べばいいのでしょうか。
それぞれの商品によって配合されている成分が違い、化粧水を使うのなら色々な成分が配合されている化粧水の方がいいのではないかと思う人もいるでしょう。
化粧水にはあまり期待していなくて、安いもので十分と考えている人もいるかもしれません。
鼻の黒ずみケアでは化粧水は重要なアイテムです。
鼻の黒ずみケアでは、肌への負担を減らしながら肌の状態を整える必要があり、余計な成分を含まず、保湿効果の高い化粧水選びをしましょう
しっかりと保湿をすれば、肌の状態を整えることができ、鼻の黒ずみケアにも効果を発揮してくれます。

 

1-2.洗顔後のアフターケアに最適

化粧水を使う時にはタイミングが重要なポイントとなります。
洗顔をしてから何十分も経過して化粧水を使っても、期待しているような効果が得られないどころか、肌トラブルの原因となることもあります。
このような使い方をしているために、化粧水は自分の肌にはあっていなかったと思う人もいるかもしれません。
しかし、化粧水を使う正しいタイミングは洗顔直後。洗顔後すぐに保湿をすることが重要です。
洗顔後の肌は洗顔料によって肌に必要な成分まで失われています。
保湿力の高い化粧水を使うことでこの失われた成分を補給でき、しっかりと肌を守ることができます。
化粧水は洗顔後のアフターケアに最適です。

2.鼻の黒ずみを改善する化粧水の付け方

化粧水を使う時に手を使うという人と、コットンを使うという人に別れるところです。
どちらにもメリットもあればデメリットもあります。
手で付けるといった場合では、肌に優しいというメリットがあります。
一方、コットンは肌への刺激となってしまうこともあります。
しかし、手のひらではしっかりと手を洗っていないと雑菌の問題もありますし、何よりも手では肌に均等に化粧水を与えられないというデメリットがあります。
肌が弱いという人は手で、そうでない人はコットンを使うと効果的な化粧水によるケアができると考えられます。

 

2-1.脂性肌の保湿対策

肌の状態は人によって違いがあります。
乾燥肌の人もいれば脂性肌の人もいて、同じケアで大丈夫なのかと思う人もいるでしょう。
とくに脂性肌の人は、洗顔後のアフターケアをあまり重要視していない人も多いかもしれません。
しかし、今しているケアによって、脂性肌の人が乾燥肌や敏感肌になってしまう可能性もあります。
洗顔によって必要な皮脂が失われ、肌が乾燥して肌機能が低下してしまいます。
そのため、脂性肌の人も洗顔後にはしっかりとした乾燥対策として化粧水を使った保湿は重要です。
毛穴を引き締める収れん作用のある化粧水を使ったり、使用後にべたつかないようなさっぱりとした使用感の化粧水を使ってケアしていきましょう。

3.鼻の黒ずみを改善する化粧水の選び方

洗顔方法によっても肌に大きな負担をかけることがあり、この洗顔によって黒ずみを作る原因にもなることもあるのですが、その洗顔からの肌の負担を軽減してくれるのが化粧水です。
洗顔によって必要な成分まで失われた肌に、潤いを与えてくれるのが化粧水の役割です。
しかし、化粧水には多くの種類がありますが、どの化粧水を選んでもいいというわけではありません。
鼻の黒ずみケアに向いている化粧水選びをしましょう。
化粧水にはよくアルコールなどが使用されていますが、アルコールは肌を乾燥させたり、刺激ともなる成分でもあります。
このような刺激を与えるような成分が少なく、保湿効果の高い化粧水を選ぶことが大切です。

 

3-1.刺激の少ない化粧水

まず化粧水選びで重要になるのが成分です。
多くの成分が含まれていると効果があると思いがちですが、その成分が肌へ大きな刺激となって乾燥肌や敏感肌になってしまったり、肌サイクルを乱す原因になることも。
しっかりと成分をチェックして刺激のない化粧水を選びましょう。
簡単な見分け方としては、ノンアルコール、ノンパラベン、弱酸性、界面改正剤不使用などと表記された化粧水なら、肌への負担が少ない化粧水と判断することができます。
また、このような表記がされていても、自分の肌には合わないといったケースもあることから、パッチテストもして効果的なケアをしていきましょう。

 

3-2.乳液タイプでも平気?

化粧水というと水のようにさらさらとしたものですが、中には化粧水や美容液、乳液などが一緒になった乳液タイプのものもあります。
保湿をしっかりとしたいならこの乳液タイプの方がいいのではと思う人もいるかもしれません。
通常のスキンケアではこのようなタイプでも問題ないかもしれませんが、乳液タイプは毛穴をふさいでしまう可能性もあり、鼻の黒ずみケアではあまりおすすめできません。
とくに脂性肌の人は、このようなタイプのものを選ぶよりも、逆にさっぱりとした化粧水の方が有効で、使用感も違ってきます。
化粧品選びでは、自分が悩んでいる症状に合った商品を選ぶことが大切です。

 

3-3.人気のあるおすすめ化粧水!

人気のある化粧水としてはアルビオンの「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル」、ヴィオーの「ナチュラルウォーター」などがありますが、これらの化粧水は3,000円以上もする商品です。
もっとお手軽な商品としては、ドクターシーラボの「ラボラボ スーパー毛穴ローション」、素肌しずくの「濃密しずく化粧水」、無印良品の「化粧水・敏感肌用」、ちふれの「化粧水 とってもしっとりタイプ」などが低価格で購入できおすすめです。
化粧水には多くの種類があり、どの商品が自分の肌に合っているかはわかりません。
はじめて使う時には必ずパッチテストをしてみましょう。

 

3-4.おすすめ化粧水で黒ずみを改善した口コミ体験談

ドクターシーラボの「ラボラボ スーパー毛穴ローション」を使った口コミでは、鼻の周りのテカりや鼻の黒ずみが気になり購入したといった人の声を見ることができました。
使用して3〜4日程度で、毛穴の黒ずみが薄くなったような感じがしたとのことで、確かな効果が実感できる化粧水のようです。
この人は、朝は洗顔をせず、この化粧水で拭き取るだけのケアをしているようです。
朝は時間がなく、手を抜きがちのスキンケアも、この方法なら手軽に済ませることができます。
化粧水は、鼻の黒ずみケアでは重要なアイテムとなることから、自分の肌に合った化粧水を見つけ、しっかりとケアしていきましょう。

ビオルガクレンジング

鼻の毛穴汚れ・黒ずみ・角栓のケアにはビオルガクレンジング!
鼻の毛穴汚れや黒ずみケアは、まず洗顔から。
洗顔フォーム「ビオルガクレンジング」は毛穴の汚れを落とすだけでなく、配合されている和漢・美容成分の力で肌にハリを与えるエイジング効果も期待できます!
無添加洗顔フォームだから、肌に優しく、安心してお使いいただけます。
通常3,990円のところ、今なら初回限定で62%OFFの1500円(税抜)で購入できます!

ビオルガクレンジング公式サイト