鼻の黒ずみ 原因

1.鼻の黒ずみの正体とは

鼻に黒ずみができてしまい、色々な化粧水や美容液などの化粧品を使ったり、様々なスキンケア法やケア方法を試しているのになかなか改善できない人は多いはず。
消えない黒ずみの正体とは何なんだろう?と嫌になってしまいますよね。
実は、黒ずみというのは、毛穴に皮脂と古い角質が混ざり合って角栓ができてしまい、その角栓や汚れが酸化することで生じます。
しかし、この毛穴詰まり以外にも、メラニンや産毛などが原因となっていることもあり、黒ずみといっても複数のタイプがあります。
メラニンは紫外線を浴びると作られますが、そのメラニンによって加齢や肌の状態によっては色素沈着を起こし黒ずみの原因となります。
また、毛穴の詰まりと思っていたのが、よく見ると産毛が原因ということもあり、産毛が黒く見えることもあり、それが黒ずみの原因となっているケースもあります。

 

鼻の黒ずみ 正体

 

1-1.毛穴に詰まる角栓と汚れ

鼻の黒ずみの原因の一つが角栓と汚れです。
汚れはなんとなくイメージできるけど、角栓っていったい何?、どうやってできるの?、と疑問を持つ人もいるかしれません。
通常毛穴の中に汚れが入ったとしても、肌サイクルが正常であれば徐々に外に排出されます。
これは角質も同じで、古い角質は剥がれ落ちるのが普通の状態なのですが、肌サイクルが乱れてしまうと古い角質が溜まってしまい、その古い角質と皮脂とが混ざり、毛穴を塞いでしまう角栓となります。
正常な肌の人でも角栓はできることはあるのですが、それでも角栓は徐々に毛穴の外に追いやられます。しかし、肌サイクルが乱れることにより、角栓がとどまり黒ずみの原因となってしまいます。

 

1-2.汚れの正体

汚れが毛穴の中に入って詰まれば、黒ずみになることはなんとなくイメージができます。
しかし、実際毛穴の黒ずみの原因となる毛穴汚れとはどんなものがあるのでしょうか。
それは、空気中に舞っているホコリやメイクなどです。
空気中には目では確認できないようなホコリが舞っています。
そのホコリが皮脂の多い部分に付着すれば洗顔などをしない限り取り除けません。
また、女性が毎日しているメイク残りも汚れの一つです。
毎日自宅に帰ればメイクを落とすのですが、その時にメイクが残っていれば毛穴の詰まりの原因となります。
自分で原因を作らないためにも、丁寧に洗顔していきましょう。

 

1-3.角栓は食生活でも変わる?

角栓ができる原因に肌サイクルがあります。
肌サイクルが正常なら角栓ができても、角栓の頭部分が酸化するまでに毛穴の外に排出され、黒ずみの原因とならないのですが、肌サイクルが乱れるとそのまま角栓がとどまってしまい黒ずみとなります。
その肌サイクルを乱す原因の一つが食生活です。
食生活が乱れることにより、皮脂の分泌量を増やす原因ともなりますし、肌サイクルに必要な栄養も不足してしまいます。
黒ずみが気になる人は、日頃の食生活を見直して、バランスの良い食生活を心掛けることが必要です。
栄養バランスの良い食事により肌サイクルを整えることにもなりますし、油分の多い食事を控えることで皮脂分泌も抑えることにつながります。

 

1-4.顔の洗いすぎにも注意

食生活だけでなく肌サイクルが乱れる原因に日頃のスキンケアがあります。
とくに多いと考えられるのが顔の洗いすぎです。
日頃から黒ずみが気になっているため、多くの人が洗顔によってその黒ずみを解決しようとしています。
しかし、鼻の黒ずみの原因は角栓や汚れにあるのではなく、その角栓や汚れを排出できない肌にあります。
黒ずみの最大の原因が肌のターンオーバーが乱れていることのため、まずこれを解決する必要があります。
洗いすぎてしまうと、肌を守るために必要な皮脂を落とし過ぎてしまい、肌サイクルが乱れてしまいます。
適度な洗顔で正常な肌サイクルを保ちましょう。

2.酸化した角栓も鼻の黒ずみの原因

角栓詰まりによって黒ずみの原因ともなりますが、角栓はもともと黒いものではありません。
ではなぜ黒ずむのでしょうか。
それは酸化です。
角栓ができ、先端部分が空気に触れて酸化してしまうことで黒ずみとなります。
鉄などでも、酸化することでさびて茶色に変色しますよね?
その現象と同じように角栓ができてしまうと酸化することで変色して目立つ状態となります。
通常の肌サイクルなら、肌にある皮脂や角栓なども外に出そうとするため、酸化することはないのですが、肌サイクルが乱れている鼻の皮膚では角栓を外に出してしまうことができず酸化してしまいます。

 

2-1.メラニンの生成にも注意が必要

黒ずみの原因にはメラニンも関係している場合があります。
長時間外にいて、紫外線を浴びれば皮膚はメラニンを生成して紫外線から肌を守ろうとします。
しかし、このメラニンによってシミなどができてしまうということは多くの人がご存知のことではないでしょうか。
このシミは鼻の毛穴部分でも起こり、シミができることで黒ずみの原因となってしまいます。
また、このメラニンは紫外線だけでなく、刺激を与えることでも生成されることから、外出する時には紫外線対策をしたり、日頃のスキンケアでも余計な刺激を与えないようにすることも大切です。

3.鼻の黒ずみの原因を取り除く方法とは

黒ずみの原因に角栓が酸化してしまうことがあることから、毛穴パックなどを利用して角栓を取り除けば問題ないと考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、正常な肌でも少なからず角栓はできていて、通常の肌サイクルなら、徐々に先端部分の角栓が押し出されて黒ずみができることはありません。
鼻の黒ずみで重要なのは角栓を取り除くことではなく、肌サイクルを正常にするということなのです。
この肌サイクルをもとすことが鼻の黒ずみの根本的な解決となります。
ただ、一度肌サイクルが乱れると正常化するまでに時間もかかることから、見た目を解決したいという人は角栓ケアができる洗顔料やパックでケアすることも有効な手段です。

 

3-1.適切な洗顔方法とアフターケア

黒ずみが気になる人は、知らないうちに鼻の皮膚や毛穴に負担をかけている可能性があります。
その一つが毛穴パックです。
毛穴パックをすると、シートにびっしりと角栓がついていて、とても気持ちいいものです。
しかし、無理やり角栓を取り除くと肌に大きな負担をかけます。
また、角栓や毛穴ケアをするために、鼻を集中的に洗浄すれば、鼻だけ肌サイクルが乱れてしまい、毎日しているセルフケアによって黒ずみを作っている可能性もあります。
洗顔ではできるだけ肌への負担を減らし、洗顔後にはすぐに保湿をして肌をいたわることで徐々に肌サイクルも正常に戻っていきます。

 

3-2.効果的な顔パックと肌の保湿

肌がきれいな人はもともと綺麗というわけではなく、綺麗になる理由があります。
その理由がスキンケアです。
肌が綺麗な人に、なぜそんなに綺麗なのと聞いても何もしていないと答えるかもしれませんが、肌が綺麗な人ほど、念入りにスキンケアをしているものです。
中には、もともと綺麗な肌という人もまれにいますが、ほとんどの人が努力によってその綺麗な肌を手に入れています。
努力によって手に入れられるのなら、誰でも綺麗な肌になれるということです。
面倒と感じるかもしれませんが顔パックや肌の保湿をしっかりとしていくことが、鼻の黒ずみを改善し、美肌を手に入れるコツです。

ビオルガクレンジング

鼻の毛穴汚れ・黒ずみ・角栓のケアにはビオルガクレンジング!
鼻の毛穴汚れや黒ずみケアは、まず洗顔から。
洗顔フォーム「ビオルガクレンジング」は毛穴の汚れを落とすだけでなく、配合されている和漢・美容成分の力で肌にハリを与えるエイジング効果も期待できます!
無添加洗顔フォームだから、肌に優しく、安心してお使いいただけます。
通常3,990円のところ、今なら初回限定で62%OFFの1500円(税抜)で購入できます!

ビオルガクレンジング公式サイト