鼻 角栓 毛抜き

1.鼻の角栓を毛抜きで取ってはダメ!

角栓が目立つようになると毛穴が目立つようになります。
角栓が酸化することにより黒く変色し、ポツポツと黒いものが目立つようになり、いわゆるイチゴ鼻状態となってしまいます。
このような状態になってしまうと恥ずかしいため、すぐにでも角栓を取り除きたいと思ってしまいますよね。
そんな時によく使われているのが毛穴パックなどの肌ケア商品です。
毛穴パックはごっそり角栓を取り除くことができるのですが、一部とれなかった角栓は毛抜きやピンセットで取り除くという人もいるのではないでしょうか。
しかし、そのケアによって肌や毛穴に負担をかけさらに黒ずみが目立つ状態になってしまいます。

 

1-1.強引に抜けば毛穴が広がり黒ずみになる

角栓を強引に取り除くことで肌や毛穴にダメージを与えることになります。
角栓は多くが皮脂でできていると思っている人も多いかもしれませんが、タンパク質の比率が高く、周りの皮膚組織とくっついている状態のものもあります。
そのため、無理やり取り除けば、肌にダメージを与えることになり、肌のターンオーバーを乱す原因となります。
ターンオーバーの乱れが角栓を作る原因ともなりますし、さらには、皮膚の再生も遅くなり毛穴が広がってしまいます。
毛穴にある角栓を毛抜きで取り除けば一時的に黒ずみを解消することができますが、広がった毛穴にはすぐに皮脂や汚れ、古い角質が溜まり、またすぐに角栓ができてしまい、黒ずみになってしまいます。

 

1-2.肌へのダメージでイチゴ鼻悪化の原因に

ダメージを与え続けることにより毛穴が開き、その毛穴に汚れが溜まってしまったり、角栓が酸化することで、綺麗だった鼻も目立つイチゴ鼻へと変わっていきます。
毎日しっかりと洗顔などをしていたのに、なぜイチゴ鼻になってしまったのかと思っている人もいるかもしれませんが、その鼻は自分で作ってしまっているのです。
角栓ができることは見た目にも悪いのですが、その角栓は汚れや菌などが侵入しないように、毛穴を守っている状態とも考えることができます。
その角栓を無理やり取り除いてしまえば、毛穴を守るものを失い、様々な症状を引き起こすことになります。
すでにイチゴ鼻になってしまった人、まだなっていない人も適切なケアをすることが大切です。

2.毛穴パックの使用にも注意が必要

鼻の毛穴を目立たせる原因となる角栓ですが、この忌々しい角栓を取り除く方法として多くの人が利用しているのが毛穴パックです。
毛穴パックは手軽なケアで、簡単に角栓が取り除くことができます。
そのため、定期的に利用しているという人も多いと思います。
しかし、毛穴パックは毛抜きでのケア同様に肌に大きな負担をかけることになります。
一時的なケアとしてはとても効果的な毛穴パックですが、無理やり角栓を取り除く毛穴パックは肌や毛穴にダメージを与えてしまうことになってしまうのです。
毛穴パックを頻繁に使うとイチゴ鼻を改善させるどころか悪化させる原因となってしまいます。

 


<p>鼻 角栓 毛抜き

 

2-1.鼻表面の皮膚が剥がれる?

毛穴パックには高い吸着性があります。
その吸着力によって毛穴に詰まった汚れや角栓を取り除いてくれるため、毛穴ケアでは重要なアイテムとなっている人も多いでしょう。
しかし、この毛穴パックは高い吸着性によって、肌表面の角質をはがしてしまい、肌を守っている油分や水分までも失うことになってしまいます。
また、無理やり角栓を取り除いたことでぽっかりと毛穴が空いた状態になってしまいますよね。
そういった毛穴にはメイク汚れなども残りやすく、とても厄介な状態となります。
このように毛穴パックは見た目を改善させるには効果的なのですが、肌や毛穴には大きな負担をかけることになります。

3.適切な角栓の取り方とは

角栓を取り除くために毛抜きを使ってはダメ、毛穴パックもダメとなるとどうやってケアすればいいのと思っている人もいるのではないでしょうか。
もしかしたら、角栓ができてしまったらもう改善させる方法はないのではと思っている人もいるかもしれませんね。
角栓ケアというのは、一気に角栓をなくそうとするのではなく、徐々に角栓を小さくしていくという感覚でケアしていきましょう。
短期間で取り除こうとすれば、それだけ肌に負担をかけ、治りにくい状態となります。
大切なのは肌や毛穴に負担をかけることなく、ゆっくりとケアすることなのです。
時間はかかりますが、このケア方法が根本的な解決につながり、綺麗な鼻を取り戻すことができる方法です。

 

3-1.一度やったらやめられない!オリーブオイルのマッサージがおすすめ!

適切な角栓の取り方の一つが、オリーブオイルを使ったマッサージです。
マッサージといっても手にオリーブオイルを使って鼻をマッサージするというわけではありません。
綿棒にオリーブオイルを付けて綿棒を転がすようにマッサージをします。
オリーブオイルが角栓に浸透し、角栓が取り除きやすくなります。
そして綿棒で肌に負担をかけないように転がすことで、角栓を少しずつですが減らしていくことができるのです。
一度やったらやめられないと感じている人も多くいるマッサージ方法です。
これでは角栓を取り除くまでに時間がかかると思う人もいるでしょう。
しかし、角栓ケアでは肌に負担をかけずケアすることが大切なので、焦らずゆっくりとケアをしていきましょう。

 

3-2.オロナインやニベアのパックも有効

オロナインやニベアを使った毛穴パックもおすすめの方法です。
オロナインやニベアに含まれる油分によって角栓を柔らかくすることができます。
洗顔前にこのパックをして角栓を取り除きやすくすることができ、通常の洗顔でも続けていれば角栓も徐々に減ってくるというわけです。
お風呂ですれば毛穴が開きやすく効果的です。
お風呂でなくても蒸しタオルやスチーマーなどを利用すれば毛穴を開かせることができます。
オロナインやニベアは手ごろな価格で購入することができ、肌や毛穴に負担をかけることなく角栓ケアができるのです。

 

3-3.洗顔料の見直しも必要

毛穴ケアでは洗顔料選びも重要なポイントとなります。
まず重要になるのが洗浄力です。
頑固な毛穴詰まりには洗浄力の強い洗顔料を使いがちですが、それでは肌に必要な皮脂を落とし過ぎてしまい、さらに皮脂の分泌量を増やす原因ともなります。
かといって、弱すぎるのもダメで、バランスの良い洗浄力の洗顔料を選ぶことがポイントになります。
その他にも、泡立ちや保湿成分などもポイントになります。
泡立ちが悪い洗顔料では、どうしても手からの摩擦を受けやすく肌にダメージを与えてしまいます。
また、洗顔料に保湿成分が入っているとさらに良い洗顔料となります。
これらのポイントをおさえて洗顔料選びをしましょう。

4.鼻の角栓を毛抜きで取って失敗した口コミ体験談

毎日毛抜きを使っていた人の失敗体験談を見ることができました。
よく毛穴パックを使ってケアしていたようですが、完全に取り除くことができず、残った角栓は毛抜きで取り除いていたようです。
そのケアが癖となり、毎日のように毛抜きで角栓ケアをするようになると、その毛抜きで鼻を傷だらけにしてしまったり、アフターケアを全くしなかったため、毛穴が開き、さらにひどい状態になってしまったようです。
このように、毛抜きで取り除けば角栓は簡単にケアできますが、大きなリスクもあります。
鼻のぶつぶつや毛穴の黒ずみは、短期間で改善させようとするのではなく、時間をかけてゆっくりと結果を出すようにすることが、最も安全で確実なケア方法です。

ビオルガクレンジング

鼻の毛穴汚れ・黒ずみ・角栓のケアにはビオルガクレンジング!
鼻の毛穴汚れや黒ずみケアは、まず洗顔から。
洗顔フォーム「ビオルガクレンジング」は毛穴の汚れを落とすだけでなく、配合されている和漢・美容成分の力で肌にハリを与えるエイジング効果も期待できます!
無添加洗顔フォームだから、肌に優しく、安心してお使いいただけます。
通常3,990円のところ、今なら初回限定で62%OFFの1500円(税抜)で購入できます!

ビオルガクレンジング公式サイト